羊毛布団 - 通販

大人気の秘密は、保温性・弾力性・吸湿性!

初めてお使いになる方も、今までの布団に満足できないという方にもおすすめの、羊毛布団の新しいスタンダードです。

羊毛布団セット

ただのセットじゃ物足りない!15cm厚でふっくらシアワセ!

きっと喜んでくれる

シングル、セミダブル、ダブルサイズ

14,904円〜(税・送料込み)

ボリューム羊毛布団6点セット

羊毛敷き布団

流行を超えて愛される、上品な日本製!

メイドインジャパン
シングル、セミダブル、ダブルサイズ

11,318円〜(税・送料込み)

羊毛敷き布団

 

四層式ボリューム羊毛敷き布団

手間を惜しまない職人気質から誕生したバツグンの寝心地!

日本製ならではのやさしさ
シングル、セミダブル、ダブルサイズ

15,984円〜(税・送料込み)

四層式ボリューム羊毛敷き布団

歴史と変遷

羊毛布団が日本で登場したのは、1980年頃からです。売り出された当初の敷きふとんは、綿わたふとんと同じ、普通の和風ふとんでした。重さは4〜5kgもあり、このタイプでは、体重のかかる部分だけが沈んでしまうため、寝返りが打ちにくく、「熟睡できない」など評判はよくありませんでした。
そこで、中わたを3kgに減らした羊毛敷きパッドが販売されるようになったのですが、底付き感があり、「背中が痛くなる」など評判はイマイチでした。
そこで、ポリエステル硬わたを、中芯にした敷き布団が発売されてから人気が急上昇して、ぐんぐん売り上げを伸ばし、現在では年間1000万枚弱もの販売数を誇ります。
ウールは、暖かさ、吸湿性や放湿性に優れ、その弾力性が心地よいのが人気の秘密となっています。
ポリエステルわたの布団は、軽くてカサ高があり優れた素材ではあるのですが、吸湿性が悪いという最大の欠点があります。布団の中が暖まるという事は、湿気も増すのですから、この湿気を逃がさなければ布団の中はムレてしまい、熟睡できません。これは、致命的な欠陥です。それをウールと組み合わせる事で解消しようとして生まれたのが、羊毛混です。
ウールの吸湿率は、ポリエステルわたの37倍、綿わたの2倍という優れモノ。このウールの吸湿性と保温力を生かし、ポリエステルわたの軽さやカサ高を合わせることで、軽くて暖かく、さらに吸湿性の良い画期的な布団を販売したのです。
そんなこんなで、現在では、ウール50〜70%・ポリエステル50〜30%・ポリエステル硬わたを使用した「羊毛混布団」が主流になっています。